飛行機代を節約する裏ワザ

LCCを利用して運賃を節約する

LCCとは、ローコストキャリアと呼ばれ、一般の飛行機よりも若干サービスの質が落ちるものの、格安の料金で目的地までのフライトを行う事のできる便利なサービスです。フルサービスの飛行機と異なる点としては、荷物を飛行機内で預かってもらうことの出来るサービスを備えていない場合が多く、またより多くの乗客を運搬している事から一人当たりの座席は普通の飛行機よりも若干狭くなっています。しかしながら、短時間のフライトならばそれほど気になる狭さではありませんし、安全性は普通の飛行機と全く変わりませんので利用する価値は十分にあります。

割引き制度を使って運賃節約

LCCを使った節約方法以外にも、事前に飛行機を利用する日付がわかっているならば早期割引きを利用する事によって大幅なコストダウンをする事ができます。予約が早ければ早いほど割引率も高くなりますので、早めに旅行の計画を立てて飛行機を押さえてしまえばお財布に優しい旅行をする事ができます。

また、飛行機を予約する時間によっても割引きを受ける事が可能となります。利用者が多い時間帯の運賃は高い料金が設定されている事がほとんどですが、利用者の少ない時間帯である早朝の便を予約することによって更に割引き効果を生かすことが可能となります。

旅行先でドバイを選択すること

ドバイは観光で立国している

ドバイというのは、観光をするところが一杯あります。何しろ、そもそも観光立国なのです。ですから、様々なものが作られています。もちろん、砂漠の国でもありますから、駱駝に乗って砂漠を歩く、ということもできます。例えば、見所の一つにドバイ・ファウンテンというところがあります。これはブルジュ・ハリファの中にある噴水なのですが、世界最大のものです。噴水の高さは世界一であり、地上150メートルまで、水が噴出します。様々なライトアップもされているものですが、単純に噴水の水だけではなく、色がついて、とても綺麗です。それだけでもドバイに観光に行く価値があります。

噴水に莫大な費用がかかっている

ドバイの噴水ですが、高さで表現しますと50階建てに相当することになります。それだけ高い、ということです。晴れの日であれば、数百キロ先からでも水の光が見える、といわれているところです。ちなみに唯一、宇宙からでも見ることができる、ともされています。そうした触れ込みなのです。ちなみにドバイ全般に言えることなのですが、莫大な建設費がかかっています。当然ですが、湖も人工です。それも含めて、218億円程度かかっています。この噴水だけを見に行くだけでもドバイには観光をする価値があるといえます。他にも世界一がいくらでもありますから、旅行先としてよいわけです。

海外旅行で注意したいポイント

買い物ではつり銭のごまかしが多い

楽しいショッピングの後には、お会計がありますが、クレジットカードを使った支払いをする場合は特に注意が必要です。というのも、海外では現地通貨で料金が表示されますので、レジに表示される料金をしっかりとチェックする事無くクレジットカードを手渡してしまった結果、帰国してから店側の不正な会計に気がつくといったケースが後をたちません。店の人が買ってもいない商品のバーコードをレジに打ち込み、過大な金額を請求するという詐欺が流行しておりますので、旅行先でカードを利用したお買い物を行う際には必ず明細を貰うようにするとトラブルを避ける事ができます。

持病の薬の取り扱いには気をつける

持病などで旅行先で薬を手放す事ができない場合には、日本から薬を飛行機で運ぶことになりますが、持ち物検査の段階で一般の薬を麻薬と誤解され、長期にわたって拘束されるといった事件がありました。旅行先の空港で警察に捕まってしまっては旅行どころではなくなりますし、ツアーで旅行に参加していた場合には参加する事ができず、キャンセル料を支払う必要が出てしまいます。こうした事態を避けるためには、あらかじめ現地語で病気の詳細を記入した紙を作成しておき、医師からの処方箋を同封することで空港係員からの調査を問題なく突破する事ができます。

ドバイは観光が極めて

ドバイというのは観光に物凄く力を入れています

ドバイというのは、観光のために作られたところのようなところです。ですから、十分に行く価値があります。しかし、物凄い金額がかかることになります。もちろん、安いところがないわけではないのですが、基本的には富裕層を狙っているところですから、節約旅行、というのはまったく合いませんから、それは覚悟しておくことです。まず、お勧めできるのが、ブルジュ・ハリファです。これを見に行くだけでも行く価値があります。世界一の建造物です。全高がなんと828メートルがあります。軒高だけでも636mもあるのです。階数にしますと160階建て、と言う、まさに人類史上最大の建造物です。それだけでも見に行く価値があるわけです。

とにかくあらゆるものがでかい

とにかく大きなホテルがありますし、高級マンションもあります。ちなみに当然のことではありますが、世界一の高層マンションでもあります。他にも色々と見所はあります。パーム・アイランドなんかがお勧めできるところの一つであるといえます。こちらも世界一のものです。これは世界地一の人工島です。ドバイ沖合いに造られているものであり、パーム・ツリーの形をしています。ちなみに衛星からも認識できるという人工島でもあります。こうした見所がありますから、ドバイという国は観光がお勧めできるのです。但し、お金は結構かかることになります。

温泉、女子一人旅のススメ

まずは運転しながらストレス発散

社会人として働き始めて約7年。実家暮らしで人並みに蓄えはあるが、会社でも家でも一人きりの時間がなく、ストレスが溜まり続ける日々から脱却したくて、私はよく、一人旅に出ています。

そこで一番お気に入りなのが、温泉地へ行くこと。車を運転しながら温泉地を目指すのですが、最終目的地はいつも決めずに出発しています。疲れたら道の駅に寄りながら、大体2時間程度いつも運転して温泉地を目指しています。この2時間で、今抱えている悩み事等を整理する時間が持てるのです。しかも車は一人の空間なので、誰にも邪魔されることもありません。

最終目的地はいつも温泉

私の旅の最終目的地はいつも温泉です。車の中で整理した悩みごとを全てお湯に流すためです。

そこでの一番の拘りは、観光スポットになっているような大きな温泉を目指すのではなく、地元の人たちに親しまれているような小さな温泉に入るということ。何故そこに拘っているのかと言えば、沢山の人で賑わっている温泉は、せっかく解消しようとしているストレスが倍増してしまうような気がするからです。ゆったりとした気分で、たまに地元のおばあちゃん達とお話しながら入る温泉は、日ごろの疲れを全て癒してくれます。普段関わらない年代の方々とお話することで、自分の日常を変える機会になるかと思います。