海外旅行で注意したいポイント

買い物ではつり銭のごまかしが多い

楽しいショッピングの後には、お会計がありますが、クレジットカードを使った支払いをする場合は特に注意が必要です。というのも、海外では現地通貨で料金が表示されますので、レジに表示される料金をしっかりとチェックする事無くクレジットカードを手渡してしまった結果、帰国してから店側の不正な会計に気がつくといったケースが後をたちません。店の人が買ってもいない商品のバーコードをレジに打ち込み、過大な金額を請求するという詐欺が流行しておりますので、旅行先でカードを利用したお買い物を行う際には必ず明細を貰うようにするとトラブルを避ける事ができます。

持病の薬の取り扱いには気をつける

持病などで旅行先で薬を手放す事ができない場合には、日本から薬を飛行機で運ぶことになりますが、持ち物検査の段階で一般の薬を麻薬と誤解され、長期にわたって拘束されるといった事件がありました。旅行先の空港で警察に捕まってしまっては旅行どころではなくなりますし、ツアーで旅行に参加していた場合には参加する事ができず、キャンセル料を支払う必要が出てしまいます。こうした事態を避けるためには、あらかじめ現地語で病気の詳細を記入した紙を作成しておき、医師からの処方箋を同封することで空港係員からの調査を問題なく突破する事ができます。